top of page

​日常生活でのお悩み

最終更新日:2024年4月22

頭痛

頭痛のこのようなご症状でお困りですか?

​痛みが強く、仕事に集中できない。

首の付け根やこめかみ、眉の内側などが痛い。

​疲労と同時に頭痛が出ることが多い。

痛み止めを服用しているが、効かなくなってきた。

病院で検査をしたが、原因不明であった。

ご安心ください

頭痛

 頭痛は様々な原因によって起こります。明らかな原因が不明で慢性的に起こるものを一次性頭痛といい、片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛などがあります。

 また、危険な頭痛として二次性頭痛があり、脳血管障害や脳腫瘍、頭頸部の外傷などで起こります。これらは、器質的な疾患(臓器そのものに異常がある場合)が原因です。

 今までに経験のないほど激烈な頭痛、痺れや高熱を伴う頭痛が起こった場合は、二次性頭痛の可能性がありますので、専門の医療機関を受診していただく必要がございます。

からだ研究所鍼灸整骨院の頭痛に対する施術の対象となる方

 当院の施術対象となる頭痛は一次性頭痛になります。

 特に肩や首〜後頭部(僧帽筋・肩甲挙筋・頭半棘筋・後頭下筋群・胸鎖乳突筋etc)や咀嚼筋(咬筋、側頭筋)の筋肉の過緊張で頭痛が起こりやすいです。

 当院では、症状が疑われる筋肉を一本一本触診で触り分け、どの筋肉が痛みの原因になっているのか?という事をしっかりと判別し、鍼や手技などでアプローチ致します。

 こういった施術はセラピストの技術により予後が左右されると言っても過言ではありません。

 ですので、ポイントが外れた治療やマッサージばかりを行っていると、症状の改善がみられないことが多々あります。

 筋肉・筋膜の専門家である我々がトリガーポイント療法の施術にあたらせていただきますので安心してご相談ください。

頭痛の施術のながれ

image1-12.jpeg
STEP1

まずはカウンセリングをさせて頂き、その後に触診し、可動域のチェックなどをして筋肉・関節・神経のどこに痛みの原因があるのかを特定します。特に肩〜首・後頭部、側頭部の筋・筋膜の状態を細かく触診し頭痛の原因を特定していきます。検査の結果、治療対象ではない重篤なものと判断した場合はきちんとお伝えさせて頂きますのでご安心下さい。

_i_icon_12239_icon_122390_256.png
Snapseed.jpg
STEP2

​その後は、あなた様のお身体の状態の説明と施術プラン、施術料金などの説明をして了承いただければ施術スタートとなります。

_i_icon_12239_icon_122390_256.png
image1-16.jpeg
STEP3

筋肉・筋膜性の痛み、あるいは関節・神経の痛みなど原因は多岐にわたりますが、それぞれの痛みに対して最適な施術方法をご用意いたします。

主に手技・鍼灸を用いてアプローチしていきます。

トリガーポイント鍼療法骨盤矯正・運動療法(モーターコントロール/ピラティス)・呼吸法等

身体の状態に合わせて、必要なトレーニング・ストレッチの指導もさせて頂きます。

頭痛の施術料金

主な施術内容

料金(税込)詳しくはこちら

・徒手療法 30分 ¥4,500- /

       60分 ¥8,000-

・鍼治療+徒手療法

    40分 ¥5,500- /

    60分 ¥7,980-

  別途、鍼代 ¥20 ×使用本数分

 ※徒手療法・鍼灸治療は別途初診料 ¥500- 初診時回数券購入で割引適用

​・院長治療 60〜70分 ¥11,000-

頭痛の施術でよくあるご質問

_i_icon_05373_icon_053730_256.png

頭痛で整骨院に行っても良いでしょうか?​

_i_icon_05372_icon_053720_256.png

​激痛など普段と違った強烈な頭痛は脳血管の危険性が潜んでいる可能性がありますので専門の医療機関の受診をおすすめいたします。

そのような危険性のない頭痛【肩こり・疲労・眼精疲労など】であれば当院で受診は可能です。

頭痛の施術を受けられた患者様の声

IMG_0028.jpeg
大阪府 K様
​【改善した症状】頭痛・肩こり
​頭痛薬が手放せなかったが

頚と肩コリが酷く、頭痛が止まらなくて、頭痛薬を1日3回飲んでも痛みが引かず 、電話をしたのが始まりでした。「多分、お役に立てると思います。とにかく、一度診させて下さい」と言って頂き、診療して頂きました。問診と触診にとても時間をかけて下さり「僕の診療してきた中で、五本の指に入るくらいの頚の状態」と言われたのを未だに覚えています。また施術は丁寧で、痛みの原因を探り、治療の過程も説明して下さって、心からホッとしたのも、覚えています。初めて施術を受けた時に、「痛い所に手が届く」と言うか、ポイントを外さず、そのポイントを丁寧に時間をかけて下さる事に驚きました。 それから、もう6年経ちますが、院長先生の「痛いの何とかしたいねん!」という熱い想いのお陰で、頭痛薬を飲む事もなくなり、今は、ストレッチの方法や「どこをどう鍛えたらいいか」など、頚肩コリが少しでも出ない方法を教えて下さっています。 頚肩以外にも痛む所が出てくると、相談して診てもらっており、本当にお世話になっていますが、今後とも、ずっとお世話になりたいと思っています。先生、よろしくお願いします!

bottom of page